交通事故の被害に遭って90日以内にまつおに相談することで慰謝料の金額が115万円から373万円に増額!?果たしてそんなことは可能なのか?

まず、ある事故の例をご覧ください。

事故で1番多いケース、追突事故によるムチ打ち(14級)の事例
その差なんと2,732,774円アップ

何故こんなに違うのでしょうか?具体的に見てみましょう。

当事務所請求額 3,142,374円

こんなことが起きるには、理由があります。

保険会社は被害者である「あなた様」に対して慰謝料を支払う側にあたります。すなわち保険会社としてはなるべく「少ない慰謝料」で、示談しようと考えているのです。
保険会社からどのような損害の賠償がうけられるのか。 保険会社が提示する慰謝料金額は適正なのか。 適正でないとするならば、どうやって交渉したらいいのか。 示談してしまえば後から請求することはほぼ不可能です。
Aさんは事故が起きてから通院開始後すぐ当事務所に相談しました。専門家に早い段階で相談することが重要なのです。そして後遺障害の獲得が何より重要なのです。後遺障害は通院の仕方、検査の受け方など重要なポイントになります。
Aさんは交通事故の専門家であるプロにまかせました。その専門家にあたるのが「松尾和博行政書士事務所なのです」。適正な賠償額にするために「当事務所」が知識やノウハウ、法律的な根拠を示してあなたと一緒になって保険会社に書面にて金額提示していきます。

では、実際どうしたらいいのか?

枠

もしも・・あなたが交通事故の被害に遭ってしまった場合は、

まず警察を呼び、保険会社の担当者に連絡し、
落ち着いたら松尾に相談するのです。

相談時間は1時間程度で無料です。

それから、松尾のアドバイスを受けて実行してください。

その後定期的に松尾と連絡を取ってください。
事故のケースのより様々で一概にいうことはできませんが

あなたは、相談することで115万円が 373万円になる場合を知ることができる。

もしくは・・その倍の可能性もある。

田中様(仮名)の場合

  • 115万円で保険会社から慰謝料提示
  • 行政書士まつおに相談
  • 行政書士まつおに依頼
  • 後遺障害等級14級取得
  • 自賠責から田中様(仮名)に75万円入金
  • 損害賠償算定書類作成
    田中様(仮名)に説明
  • 田中様(仮名)が相手保険会社に請求
  • 一定の期間やり取り
  • 双方円満で示談
    298万円(合計373万円)
    258万円の差が生まれました。

もし仮に、あなたが200万の借金があったとしたら
全額返済できる金額です。

また、200万円程度の新車を手に入れることができます。

世界1周旅行も200万円ほどで行けるそうですよ。
きれいな海や観たこともないような景色を見ることができます。
大切な家族や彼女に豪華なプレゼントなど
を買ってあげることもできますね。

何かのビジネスに投資することや
あなたが住みたい広くてきれいで快適な
部屋に引っ越す資金にも出来ます。

しかし・・・

枠

そのまま自己判断で保険会社とやり取りや
通院をしてしまうと
取り返しがつかなくなってしまう可能性が
あるのです。

借金は返済できない。

ローン地獄。

汚い古い部屋のまま
オンボロ車に乗り続け
壊れて修理代まで払わなければならない
そんなあなたに、愛想を尽かして
彼女にも振られてしまうかもしれません・・・

無知というのは恐ろしいです。
私も昔は無知で社会経験が浅く、
会社に奴隷のように扱われていました。
毎日、毎日13時間以上拘束され、給与は15万
あげくはてには会社の不良債権を私にかぶせてきました。
最後の給料は3万円でした。

枠

そのようなこと辛い経験をきっかけに
法律の勉強を開始して3度落ちて4度目で
やっと合格し行政書士になったのです。

友人の交通事故をきっかけに 交通事故業務を勉強しました

専門家に依頼すると、とても大きなメリットが
ある事を知りとても驚きました。

そして・・

交通事故業務30年の超一流の先生に
1から本格的に教えていただき
交通事故の業務に専門特化することにしたのです

現在数十名の方の後遺障害等級を獲得し

結果的に100万、200万、500万と
慰謝料を増額することが出来ました。

ですから、この記事を読んで下さったあなたは
あなたの友人や家族で
もしも不運により交通事故の被害に遭ってしまった場合は
教えてあげて下さい。

そして・・・

私に相談していただきたいのです。
別に私に依頼しろとはいいません。
たったの1時間だけ・・

相談していただきたいのです。

それで92%以上は解決できます。

もう一つ大事なことですが・・

私は弁護士ではありません。

ですから、示談交渉や訴訟はできません。
あなたの代理人になることもできません。

これは、あなたにとってデメリットかも知れません。

しかし・・

争ってまで相手ともめたくない。

円満に話し合いで解決したい。
でも、ある程度の慰謝料はきちんとは請求したい
後遺障害についてきちんと理解した上で
適正な等級を獲得したい
それから示談したい。

このような方の相談に全力でのり
あなた様の武器となる書面を作成し
後遺障害等級獲得のためのアドバイスをし
重要な資料を集め作成したりして
力になることが出来ます。

メリットとしては・・

私の費用は弁護士報酬にくらべると
とても低く抑えることができます。

お客様の喜びの声をご覧ください。

江上友美様 鳥栖市在住 29歳 女性

私の母は、今まで何度も交通事故にあっており、その度に、いろんな体の不調や痛みがあり、今でも後遺症に悩まされています。
でも、その時は、交通事故に関する知識も無く専門家の存在も知りませんでしたので、保険会社に従うしか方法はありませんでした。
今回は、私が交通事故に遭ってしまい、首の痛み、腕のしびれなど、事故の後遺症にとても苦しみました。そんな時、たまたま、ネットで松尾さんのことを知りました。
早速、相談させて頂くと、保険会社の金額が安い事、後遺障害というものの存在があるということなど、素人の私には、分からなかった事をとても分かりやすく、丁寧に教えて頂きました。
結果として、後遺障害14級の認定を受けることができ、慰謝料も、最初の保険会社の提示金額より250万程増額しました。事故の時の身体の痛みや、苦しみはまだ残っていますが、松尾先生のお蔭で満足のいく結果となりました。
松尾先生にはとても感謝しております。
ありがとうございました。母の時にも、松尾先生のような方と出会っていいたらなぁ、と残念に思います。
起こらないことが一番ですが、もし、今後またこのような事が自分自身、家族、友人に起きてしまったら、松尾先生にぜひお願いしたいと思います。本当にありがとうございました。

長文での熱いお言葉私も感動しました 。ありがとうございます。 
	今後一層の努力致します。

川口拓郎様

この度は松尾さんには大変お世話になり、また感謝しております。有難うございます。 松尾さんとは、食事会の席で初めてお話させて頂いたのがきっかけで知り合うことが出来、偶然にも私がちょうど交通事故にあい相手の保険会社と後遺症について話し合っている最中でした。そこでほぼ無知だった私は丁寧に色々と教えて下さる松尾さんに依頼をさせて頂きました。その後も、いつも何かお願いや要望を伝えるとすぐに対応してくださり迅速に交渉を進めることが出来ました。結果としても相手保険会社が初回に定時してきた金額の10倍の金額で示談をすることが出来満足しております。 もしも、少しでも悩まれている方や、自分だけでは不安に思われている方がいたならば私は100%自信を持って松尾さんを紹介させて頂きたいと思います。本当に長い間ありがとうございました。

中村トランスポート株式会社
代表取締役社長 中村治久様
(創業2期で年商1億円達成!?のカリスマ社長)

松尾先生!!いつも迅速な対応ありがとうございます!!
松尾先生は、専門外のことでもすぐにできますと安心してお任せすることができる。弊社にとってかけがえのない先生です。
これからも多数ご迷惑をかけることが今後も末長いお付き合いをお願い致します。 見かけによらずたよりになる男ですよ。

20代女性 福岡市在住
遠入早紀様

事故に遭い、知り合いの方から、松尾さんを紹介してもらいました。最初は話しにくそうでしたが、右も左もわからない私にやさしく丁寧に接してくれました。以前、 他の事務所の所に行きましたが、対応が雑でそんなものなのかなと思っていましたが、松尾さんは相談しやすかったです。またなにか、あれば相談したいです。
私の友人にも何かあれば紹介したいです。本当にありがとうございました。

大宰府市在住 30代男性
S.N様

難しい言葉を分かりやすく、解説していただいたので非常にわかりやすかった。行政書士の方はカタイイメージがあったのですが、まつおさんはラフな感じで話がしやすかったです。

株式会社 AUTOBRAVE
代表取締役社長 藤和則様

会社設立から契約書類等親身になってご対応頂き 他の行政書士の方より分かり易いご説明でしたので、是非これからもまた、お願いしたいです。

交通事故でお困りの方、まずはお問い合せください。

後遺障害等級認定の手続き専門事務所【松尾和博行政書士事務所】
092-292-9255

メールでのお問い合せはこちら

お名前、メールアドレス、電話番号をすばやくタイピングして
送信ボタンをぎゅうっと強めに押してください。
すると2分後くらいに松尾事務所から受け付け完了メール
が届きます
のでそれを確認してください。
その後1~2営業日以内に松尾から連絡がありますのでそれまで
しばらくお待ちくださいませ。

必須メールアドレス
必須お名前
必須お電話番号
ご相談内容

たった30分の相談で 尋常ではない7つのメリットが得られる!?

事故にあってすぐに実感する7つの疑問。この時点でご相談頂く事で慰謝料の差が歴然。
とても大事な通院の仕方とは? 知らないと恐ろしい整骨院と整形外科 知らないと恐ろしい整骨院と整形外科の通院。 専業主婦の損害を支払ってもらえないケースとは? 病院で「交通事故なので健康保険が使えない」と言われた時の対応とは 治療中に事故に遭った。加害者だけど、相手より自分の方が大怪我した。
更に後々疑問が出てくる事もあります。今からでも遅くない! 増額出来るかもしれません。
医療費を突然打ち切られた。休業損害は3週間で終わりと言われた。もう、症状固定といわれた。 痛みやしびれが残っているけど、どうしたらいいの? 後遺障害不認定、異議申し立ての方法とは? 後遺障害14級でも納得がいかない。 将来の必要費、手術費は認められるのか?
その他にも被害者の状況でさまざまな問題が発生します。そして、状況によって対処方法も異なるのです。自営業者の休業損害の計算方法とは?
専門家に依頼すると、慰謝料がアップするする事例とは 信じられないほど提示された金額が安い。娘の顔面の傷痕に対して両親も損害賠償請求できるの?
このような事も知っておいた方がいいと思いませんか? あとからでは、取り返しがつかない場合もあります。 なるべく早い時期に専門家に相談しておくことが大事なのです。

松尾からあなた様へ最後のメッセージ

背景

手紙にて失礼いたしますが今回、大変な事故に遭い色々辛い状況だと思います。心よりお見舞い申し上げます。
とても多くの痛ましい事故の相談を受けている私は、あなたの不安や悩みは痛いほど分かります。
この手紙を読んでいるあなたも誰に依頼すればよいか色々お悩みだと思います。しかし、安心してください。

私は、若く、経験もそれほど多くはありません。

しかし私は、交通事故業務を本気で取り組んでおります、福岡の行政書士会の交通事故勉強会の会員でもあります。その勉強会の会長は交通事故業務を30年にもわたりされている超ベテランです。

プロ中のプロです。

弁護士といえども後遺障害に関してそれほど詳しい弁護士は少ないです。なぜなら弁護士は、訴訟や損害賠償計算がメインなのです。
私のバックには30年以上のベテランの先生がいますので、安心して依頼してください。

もうひとつ、早い段階から専門家に依頼し2人3脚で事故の対応をすすめておくことをお勧めいたします。

間違っても自己判断をしてしまい取り返しのつかないことにならないように注意してくださいませ。

お怪我の症状などは、診断書なども見ないと分からないからです。他の症状も早期から治療すれば治るかもしれませんし様々な後遺障害も考えられます。
どうぞ、良いお返事をお待ちしております。

まだまだ、信用できない。
松尾とはどんな奴なんだ?

私のことが気になるのはごもっともです。
あなたの大事な事故の相談を受けるわけです。
分かりました。
私のこともお話しさせていただきます。

松尾和博松尾和博行政書士事務所 代表

昭和55年生まれ
福岡県福岡市出身
筑陽学園高校卒業
在学時サッカー部所属
専門学校卒業後、 広告代理店に勤務。その後行政書士になる。

私が行政書士になった理由をお話ししますと、22歳頃に広告代理店に就職しました。その会社は長時間労働、低賃金でした。毎朝、7時半に家を出て帰ってくるには23時頃でした。

ただの、奴隷でした。

もうただ飯食って風呂に入って寝るだけでした。
でも仕事は楽しくて充実していました。

今は勉強中だと頑張って仕事を覚えることに専念しました。
でも来る日も来る日、残業、残業で給料は手取り15万くらいでした。
営業で携帯使っていました。月3万円くらい請求がきましたが自腹でした。
1年半ほど勤め、さすがに嫌になり退職を決意。

退職するときに、私は愕然としました。

会社の不良債権を私の給料から天引き。

その不良債権も私が会社に入社したときからの焦げ付き案件などでした。

最後の私の給料3万400円。
携帯代が3万円請求きてほぼ0円
ただ、ただ、失望しました。

奴隷は、最後まで・・・奴隷でした。

会社の上司に相談しました。
「こんなのおかしい。労働監督署に相談に行きます」と
上司は「労働監督署にはいかないでくれ。みんなまだ、働いているし会社がめちゃくちゃになるから」
お世話になった上司や同僚はまだ働いているし、皆を巻き込むわけにも行かない。
ですから、私も、もうどうでも良くなって泣き寝入りしました。

ただ、会社に失望し、やっと就職できた会社がこんな会社かと。
一時、私は次の会社を探す気は無くなっていました。
6ヶ月ほどしてまた就職活動は再開しました。何社か面接を受けましたが不合格。

やはり自分は、なにかキャリアを身につけなければ就職活動しても結果は同じだと思い。
資格の本を読み様々な資格があることを知りました。

会社にもひどい目に遭ったことから法律を学ぼうと思い。
法律系資格の登竜門でもある行政書士にチャレンジすることにしました。
私は、高校受験も失敗、高校の部活でもレギュラーになれずじまい。
何か目標を掲げてそれを達成する。このような経験が今まで一度もありませんでした。

ですので、ある決意をしました。
私は、必ずこの行政書士試験を合格する。

この試験を突破できなければ何をやってもうまくいかないだろう。絶対この山は登ってみせると。
でも正直、自信はありませんでした。

昼間は8時間仕事しながら、夜に図書館に行き少しずつ勉強しました。

1年で合格を目指しましたが案の定、1回目は不合格。

でも来年は大丈夫だろうと思い。
そんなに不安はありませんでした。

しかし、2年目も不合格。そして3年目ですが、
なんと過去2回の試験と大して点数は変わらずの不合格。

いつもダメ、今回は、
頑張ったけど・・・
結局はダメ。ダメなやつでした・・・

我ながら、ダメな奴だと思いました。今までの人生と同じ。いつもダメ。いつも中途半端。
しかし、この試験だけは絶対合格するまで諦めない。
この程度の山なら自分なら必ず登れると。
最後は必死でした。

昼間仕事をして、夜一人で、勉強していました。
周りのみんなは飲み会に行ったり、 彼女とデートしたりして楽しんでいました。
正直私も、彼女が欲しかったです。
飲み会に行って「どんちゃん」騒ぎしたりしたかった・・・

私も皆と同じように彼女とデートしたかった・・

でも、私は自分の課したこの目標を 達成しなければ何も変わらないだろうということを知っていました。

他のどんなことよりも目標達成が自分には大事だと心の底から思っていたのです。

最後の方は朝9時から夜9時まで 一人ひっそりと図書館で勉強していました。
とても寂しかったです。
頭の悪い私はただひたすら勉強していました。

そして・・・

・・・

結果なんとか4回目で合格。

初めての成功体験・・
何かが変わった気がした。

これか・・・
この気持ちなのか・・・
涙があふれ出ました。

泥臭く、粘り勝ちでした。恥ずかしい話、自分らしいなと思いました。
合格して思いました。
目標達成がどれほど重要なのか気付きました。

それはなにかといいますと。
まず自分に自信がつきました。

セルフイメージが変わりました。
次の目標も必ず達成する、
できる、こう考えることができました。
そして平成22年4月に行政書士登録しました。

私は人様の、お役に立ちたい。
お力になりたい、
困っている人を助けたい。

自分のように法律を知らないことによりひどい目に遭う。
このような人を減らしたい、応援したい。
そういう思いで行政書士になりました。

そして、平成23年に私の親友が交通事故に遭いました。
行政書士は交通事故の業務もできることは知っていましたが交通事故の知識はありませんでした。

それでも親友から、「困っているから。どうにかお願いだと」依頼をされ。大急ぎで交通事故に関する知識を集め、先輩に訊いたりして業務をなんとかこなしました。
親友はとても喜ぶ結果となり「ありがとう、ありがとう」と 何度も言ってくれました。
交通事故は専門家が関与することによってかなり
大きな違いが出ることを知りました。

被害者の方には大きなメリットがある。

そのことを強く感じました。そのようなことから「交通事故の被害者に少しでも力なろう」と交通事故専門になることを決意しました。
このような経歴の私ですが、 被害者に対する気持ちは誰にも負けません。

全力で対応させて頂きます。どうぞよろしくお願い致します。

交通事故でお困りの方、まずはお問い合せください。

後遺障害等級認定の手続き専門事務所【松尾和博行政書士事務所】
092-292-9255

メールでのお問い合せはこちら

お名前、メールアドレス、電話番号をすばやくタイピングして
送信ボタンをぎゅうっと強めに押してください。
すると2分後くらいに松尾事務所から受け付け完了メール
が届きます
のでそれを確認してください。
その後1~2営業日以内に松尾から連絡がありますのでそれまで
しばらくお待ちくださいませ。

必須メールアドレス
必須お名前
必須お電話番号
ご相談内容